印My Original Work Light-novels
Since 2013-12-01
Update 2015-02-28

コアラブ!




俺と巫女と和の神




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
コアラブ!-第6章-Page65
 翌日、朝食を作らされた後、合宿も後2日ということで、とにかく書けというご沙汰である。最終日には発表したいから、今日中にある程度まとめろなどとムチャを言われた。
 これまでのところは、悪役を決めて、何で争うのかを昨日の朝考えてて、そこから一歩も進んでないんだったな。何にしようか?
 根菜の代表といえば、やはりダイコンだろう。単純にダイコンを亡きものにしようというのでいいか。直根派と根茎派の派閥争いだ。英語だと、根はルートで根茎はライゾウムだけど、ルートには根茎も含まれるから、茎の方にしてストークにすれば、忍び寄るとかの意味もあるからそっちがいいかもしれない。
 ルートの王女ダイコンを狙うストークという集団のレンコンとショウガ、王女を守ろうとするニンジン、カブ、ゴボウというところだな。
 ついでに名前も決めてしまおう。
 ダイコンはラディシュで、ラディかな。ニンジンはキャロットだから、キャルか。カブはターニップだが、ターニはいまいちだからタニィだな。ゴボウのバードックは、そうだな、バディでいいか。敵のレンコンはロータス、ショウガのジンジャーはそのままでいい。適当に性格とか口調なんかを決めて、言いそうなことや口癖なんかを書いてみると、キャラのイメージが決まって来る。細かい設定なんかはもうちょっと考えてからだ。
 主人公は、やっぱり高校生かな。根、植、土、地が付く苗字とか、あ、畑中! そしたら、生太しょうただな。畑中生太、畑の中で太く生える、根菜たちの理想がそこにあるじゃないか。名前を決めたら、どういうキャラか何となく浮かんでくるし、なぜ畑中生太のところに根菜たちが集まるかなんてのも何となく浮かんできた。
 それでイベントを挙げてみるか。まず、ラディとの出会いがあって……
「さて、今日のお昼は何かしら?」
「へいへい、今行きますから」
 作業を中断して男三人、再びおさんどんである。
 乾麺のうどんがあったので、サラダうどんにした。野菜たちがかなりくたびれてきているから、使わないといけないこともある。タレは鰹出汁とポン酢醤油を混ぜただけだが、土佐酢っぽいかもしれない。好みでわさびやからしを溶いてもいいだろう。
 食後は、お嬢さまたちが食休みの間に、男どもは後片付けするのだった。
 午後の制作に入ってしばらく後のこと、桃香に自宅から電話があった。
 部屋を出て行く桃香だが、すぐに大声を上げた。
「えぇっ! 本当に?」
 声の感じから、親父さんが撃たれたとか、結香さんに赤ちゃんができたとかかもしれないなどと考えていたら、桃香に呼ばれた。
 オレかい!
「ママから電話で、彩萌ちゃんが家出したって!」
「マジで!?
 電話を代わると、置き手紙があって彩萌がいなくなったと結香さんもパニクっていた。文面から自殺じゃないかと思ったのだそうだ。
 自殺だと!?
「落ち着いて、結香さん! 置き手紙には何と書いてあったんですか!」
『えっとね、おばちゃんへ、黙っていなくなることをお許しください。彩萌はお兄ちゃんのところに行きます、どうか心配しないで、彩萌。って書いてあるわ』
 それを聞いてほっとした。先立つ不孝をとかあって、お兄ちゃんなる人物が天国にでもいるなら自殺も考えられるが、普通に読めばこっちに来るって意味でしかない。
「結香さん、それってオレの所へ来るってだけじゃないですか?」
『え? そ、そうね。神作くん、まだ死んでなかったものね』
 まだって、もうじき死ぬみたいなフラグ立てはしないでもらいたいな。
「オレから連絡してみますから、心配しないでください」
『うん、じゃあね、あ、桃香に代わってくれる?』
「あ、はい。ほれ、代わってくれだってさ」
Page66 < 次  印  前 > Page64

【お願い】

 表示が崩れる、動作がおかしいなどの場合は、リロードしてください。


【ご利用のヒント】

フォントについて